いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

中を見てしまうと 

以前、購入した LED RGB STRING LIGHT ですが、中はどうなっているんだろうと思い分解してみました。

ケースは、ネジ止めもされておらず、ただ嵌っているだけでした。
分解したい人には好都合ですが。(^_^;)

内部

なんと、ダイオード・ブリッジで整流しているだけです。w(゚o゚)w
4.7uF/400V の電解コンデンサが付いていますが、効果はあるのでしょうか?

電源コードもブッシングなどなくダイオード・ブリッジに直接半田付けしているだけです。
ホットボンドみたいなものが少し付いていますが。
このホットボンドみたいなものもは、異極に跨っていますが、難燃性なんか確認してないんだろうなぁ。


LEDの方はどうなっているのかと思い、白いキャップ部分を外そうと思ったのですが、接着剤で固定されています。
「50個もあるんだから1個くらい接着剤が付いていないヤツがあるんじゃないか?」と思い、先端から1個ずつ確認し始めたら、3個目で接着剤が付いていないものがありました。オイオイ (^^)

LED

で、見てみると、ただ直列に繋がっているだけです。

ダイオード・ブリッジの+からは2本の線が出ています。
25個のLEDが直列に繋がっている訳です。
100/25=4V なので、抵抗もいらないのですね。
スバラシイ!(のか?)

あの電源プラグを見た時から胡散臭いとは思っていましたが、電安法の技術基準不適合にも程があります。( ̄ω ̄;
中を見てしまうと、電源を入れるのが、ちと怖い…。

[ 2013/12/29 17:37 ] 修理or改造or分解全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー