いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

Core i5 の方が速い? 

電源ユニットを交換しても立ち上がらなかった、アニメのエンコードに使用しているPCの原因を突き止めました。

いろいろ試した結果、PCケースの電源スイッチの不良でした。

要は、電源スイッチが押されっぱなしの状態になっているということです。
だから、電源が入ったり落ちたりを繰り返していたようです。

でも、完全にショート状態ではなく、700Ωくらいの抵抗を持ってしまっているようです。
マザボのスレッショルドでは、ONと認識するようです。

対策としては、電源スイッチを使うのをやめ、リセット・スイッチを電源スイッチの端子に挿しました。
最近は、リセット・スイッチがないPCケースもあるくらいですからね。リセット・スイッチは使わなくても。

無駄は、電源ユニットだけで済んで良かったです。
電源ユニットも、ヨドバシのポイントで購入したので、現金は出ていっていないので。(^^ゞ
玄人志向の KRPW-SS600W/85+/A は、ErP Lot6対応を謳っているので、少しは電気代に貢献するかもしれません。(^^)
PCを使っていない時間の方が長いですから。


それよりも、わかったことがあるのです。
アニメのエンコードができないのも困るので、メインに使っている Core i5 のPCに、TMPGEnc Video Mastering Works 5 をインストールしてエンコードしました。

Haswell の Core i5 ですが、ハードウエアエンコードできました。

で、そのエンコード時間なのですが、Sandy Bridge の Core i7 よりも速いのです。

CPUとマザボは、以下です。

 CPU:Core i5 4430
 マザボ:H87I-PLUS

 CPU:Core i7 2600K
 マザボ:P8H77-M

メモリーは、どちらもPC3-12800(メーカーは違いますが)です。

Core i5 の方は RAMDISK にしていたからなのかと思い、Core i7 の方も RAMDISK にしてみたのですが、やっぱり Core i5 の方が速いのです。

同じ30分番組のアニメをエンコードした時間とファイル・サイズです。

 Core i5: 3分56秒 85,535KB
 Core i7: 4分18秒 92,157KB

設定も同じなのですが、エンコードされてできる動画の大きさも違うのです。

なぜでしょう?

[ 2013/10/05 19:26 ] PCハード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー