いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

小型太陽光発電システム(第2弾) その7 

ある程度、基礎実験もできたので、小型太陽光発電システム(第2弾)用のコンバータを作ろうかと。

どのくらい消費したかも見たいのでマイコンを積んで管理しようかと。

はじめは、PICマイコンにしようかと思っていたのですが、基礎実験をArduino互換機で行ったので、そのままAVRマイコンでやることにしました。

で、実機に組み込むにあたり、AVRマイコンにブートローダを書き込まなければなりません。

確か、エレキジャック No.12号を参考にブートローダを書き込んだと思うのですが。

今回は、ATmega328にしようかと思い、書き込んでみました。

で、動作確認をしたのですが、ちゃんと動作しません。(´・ω・`)

いろいろ試したのですが、ダメでした。
ATmega328だからダメなのかと思い、ATmega168でも試したのですが、ダメでした。

あれ~?前はどうやって書き込んだんだ…。

ICソケットに取ったり付けたりしていたら、ドライバーの手か滑りマイコンの足がこんなことに…。Σ( ̄ロ ̄;)
こんな状態

いつもは、ピンセットを使っているのに、今回はドライバーを使っていたらこんなことに…。

まだ数回しか書き込んでないのに。(ToT)
直るかなぁ…。
まぁ、それは後にしておいて。

しょうがないので、動作しているATmega168のイメージをAVRISP mkIIで吸い上げ、別のATmega168に書き込みました。
すると動作するではありませんか!(・∀・)

動作するのとしないのとでは、ヒューズビットが違っていました。
ヒューズビットが上手く書き込めていなかったのかもしれません。
書き込み時に、エラーは出ていなかったんですけどね。

で、ATmega328にArudinoのIDEに入っているイメージを、ヒューズビットもATmega168の時と同じにして、AVRISP mkIIで書き込んでみました。

今度は、ちゃんと動作しました。\(^o^)/

書き込みには、以前作成したATmega88用のトレーニングボードが役に立ちました。(^^)
AVRトレーニングボード

【小型太陽光発電システム(第2弾) その6】
【小型太陽光発電システム(第2弾) その8】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー