いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

スタンドフラッシュライトの改造 その2 

LED6個でどのくらい電流が流れるのか確認しました。

1.2V時で約70mAでした。1.5Vで約130mAでした。
1.2V時 1.5V時

今回使用するLEDドライバモジュールの最大入力電流は、230mAなので使用に問題はなさそうです。

次に、本体についているスイッチを確認しました。

メーカー製のスイッチを使用しているわけではないようです。
スイッチ

定格電流が全くわかりませんが、eneloopで使用するつもりなので、LED12個でも140mAぐらいのはずです。
このくらいなら、大丈夫でしょう。
まぁ、焼けちゃったら別なものに変えればいいし。(^_^;)

電池1本で動作させるために、スイッチに行っているコードを移動させました。


で、LEDドライバモジュールを入れてみました。
入れてみた

LED基板の真ん中でパターンをカットし、上下6個ずつに分けて使用します。
電池1本に対し、LEDドライバモジュールを並列に使用しています。

eneloopを使用して、点灯させてみました。
こんな感じ

十分な明るさのように感じます。
1.5Vの方が違いがわかるくらい明るいですから、暗く感じるようだったらアルカリ電池を使用すれば良いと思います。
eneloopは2000mAhですから、14時間は持つ計算になるのでしょうか。

連続1時間も使用することもそんなにないので、全く問題なしです。

【スタンドフラッシュライトの改造 その1】

[ 2013/06/01 19:13 ] 修理or改造or分解全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー