いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

自動車用バッテリーで 

以前、秋月で購入したUPSの YUMIC-SNA003A ですが、シールドバッテリーがパンパンに膨らんでしまったりしました。
で、その後小さいシールドバッテリーを付けてみたのですが、過充電にはなりませんでしたが、しばらくするとバッテリーNGのLEDが付くようになりました。

今回は、自動車用のバッテリーを使ってみようかと。(^^ゞ

PITWORK 40B19R というのを買ってみました。一番安かったのでこれにしました。

バッテリー端子に線材を接続するわけですが、以前小型太陽光発電システム(第1弾)で使用したバッテリーターミナルは、金属部分がむき出しだったので、絶縁のためにカバーをしてあげないといけませんでした。

で、amazon を見ていると、ワンタッチ式のバッテリーターミナルというのがあり、成型のカバーも一体になっている商品がありました。

でも、そのバッテリーターミナルはD端子用なのです。普通安く売っているバッテリーはB端子で、私が買ったバッテリーもそうです。
いろいろ見ていると、B端子からD端子に変換するアダプターなんていうのもあります。

とりあえず、隙間が埋まれば大丈夫だろうと1.6mmの銅線をぐるぐる巻いて半田付けし、自作のバッテリー変換アダプターを作りました。
自作バッテリー変換アダプター

セルを回すような大電流は流さないので、これでも大丈夫でしょう。たぶん…。(^^;)

バッテリーに付けてみると、こんな感じです。
使用状態

ワンタッチ式のバッテリーターミナルも取り付けることが出来ました。(^^)
UPSに



  

[ 2016/07/19 21:00 ] 修理or改造or分解全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー