いろいろやってみた事の備忘録的なブログです。

静電容量計測の確認 

雨水タンクの水位センサーを作るために必要なADは、前回できました

次の段階としてセンサー選びですが、水に浸っていて腐食するのは嫌なので、静電容量で水位を測ろうと思っています。

で、エレキジャックのHPに、こんなのがあったのは知っていました。
いつかこれを使いたいなぁ…と。
この記事によると、100cmで230pFくらいになるようです。

静電容量を測らなくてはいけない訳ですが、ぐぐってみると色々出てきます。

はじめに、充電時間で容量求める方法があったので試してみたのですが、私のやり方が悪いのかもしれませんが、測定したい容量が小さいので、上手く求められませんでした。(´・ω・`)

次に、矩形波を与え静電容量を電圧に変換する方法というのを試してみました。
YS DESIGN STUDIOさんの静電容量式・水位計という記事を参考にさせていただきました。

参考にした記事では、2MHz という波形を出力しているのですが、ESP-WROOM-02 のPWM出力できるポートはI2Cで既に使用してしまっています。

とりあえず、IOポートを High/Low させて出力してみます。
久しぶりにオシロスコープを引っ張り出してきました。(^^ゞ
オシロ

上の写真は、Loopの中で、だた High/Low させたものです。
約5μsなので、約200kHzです。デューティー比もこんなですが…。(´・ω・`)

これでADしてみました。
220pFの時、約490(1.58V)でした。68pFの時、約160(0.52V)でした。

この容量の違いで、これだけ電圧の違いが出ているので、十分水位の差が測れそうな気がしてきました。(^^)

ブレッドボード

とりあえず、基板を作成してみます。

[ 2016/07/10 19:21 ] 工作全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けするぼーぐ

Author:けするぼーぐ
いろんな物を作るのが好きです。
昆虫も好きです。
今ではアニメにどっぷりです。

当ブログは、リンクフリーです。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
自作 気象観測装置
けするぼーぐの物置
カテゴリー